中学英語の授業で使用している東京書籍のタブレット教材について

皆さんは『東京書籍』という会社をご存知ですか。

 

現在,県内のほぼ全ての中学校が採用している『NEW HORIZON』という英語の教科書を

 

発行しているのが東京書籍です。

 

東京書籍が作った教材なので教科書の内容に準拠した内容になっており,

 

教科書の本文や語句を聞いて読めて書けるかをチェック,練習することができます。

 

 

育英センターでは英語の授業の一部で生徒全員がタブレットを用いて,

 

この『Webライブラリ』で学習しています。

 

タブレットで学習しているときの生徒たちの表情は真剣そのものです。

▲タブレットで学習する生徒たち

 

▲Webライブラリの『ドリル』モードで教科書本文や英単語の演習をしているところ

 


このWebライブラリでは,ネイティブの発音を聞きながら学習をすることができます。

 

「英単語の発音がわからないから教えて。」とよく質問をしに来てくれていた中2の男の子に

 

Webライブラリを使った感想をきいてみたところ,

 

「音(=音声)が出るのが良い。」と答えてくれました。

 


Webライブラリは,育英センターで英語科を受講している生徒であれば

 

自宅のパソコンやタブレットでも使うことができます。

 

 

自宅では以下のような使い方をおすすめしています。

 

  ①毎日の英語の予習復習を楽しく,より効率的に。

   ➡『リスニング』モードで単語の意味をササッと確認したり,

     ネイティブの発音に従って発音練習をしたりできます。

 

  ②定期テスト前に,テスト範囲の知識がチェック。

   ➡『ドリル』モードで知識に“穴”がないか,あるとしたらどのあたりなのかをチェック。

     “穴”を見つけたら,ノートなどに書いて練習した後に定着したかを

     Webライブラリで再度チェック。

 


今年の4月に導入したばかりですが,かなり効果が出てきている生徒もいます。

 

  中3男子 A君  学年末テスト:32点 ➡ 今回の中間テスト:57点

 

これからの継続に期待です!

 


≪育英センターで英語を受講している皆さんへ≫

 

これから中間テストを受ける予定の人たちも,

 

テスト勉強に積極的にWebライブラリを取り入れましょう。

 

テスト勉強におけるWebライブラリの使い方に関しては,以前に授業内で紙を配りましたね。

 

カウンターに同じものが置いてあるので,失くしてしまった人は持って行ってOKです。